ぼくは満員電車で原爆を浴びた 11歳の少年が生きぬいたヒロシマ  著:由井りょう子 / 米澤鐡志

日本史
スポンサーリンク
スポンサーリンク






4.0

[内容紹介]

広島に原爆が落とされたのは、1945年8月6日でした。

11歳の米澤鐡志さんは、爆心から750メートルの電車内で母親と一緒に被爆します。

母親は9月に亡くなり、母乳を飲んでいた1歳の妹は10月に亡くなります。

この本は、米澤少年の目で見た、8月6日その日のことと、その後何が起こったか、という記録です。


▼ ご購入はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました