[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

実力も運のうち 能力主義は正義か?  著:マイケル・サンデル 翻訳:鬼澤忍

社会学
[本ページはプロモーションが含まれています]






[内容紹介]

ハーバード大学の学生の三分の二は、所得規模で上位五分の一にあたる家庭の出身だ。

にもかかわらず、彼らは判で押したように、自分が入学できたのは努力と勤勉のおかげだと言う。

人種や性別、出自によらず能力の高い者が成功を手にできる「平等」な世界を、私たちは理想としてきた。

しかしいま、こうした「能力主義(メリトクラシー)」がエリートを傲慢にし、「敗者」との間に未曾有の分断をもたらしている。

この新たな階級社会を、真に正義にかなう共同体へと変えることはできるのか。

超人気哲学教授が、現代最大の難問に挑む。


▼ 詳細はこちらから ▼