原発と大津波 警告を葬った人々  著:添田孝史

社会学
スポンサーリンク
スポンサーリンク






4.0

[内容紹介]

けっして「想定外」などではなかった。

科学の粋を集めたはずの原子力産業で、地震学の最新の科学的知見は、なぜ活かされなかったのか。

その後のプレートテクトニクス理論導入期において、どのような議論で「補強せず」の方針が採られたのか?

綿密な調査によって詳細に明らかにする。


▼ 詳細はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました