デジタル・ポピュリズム 操作される世論と民主主義  著:福田直子

社会学





[内容紹介]


アメリカの大統領選挙やイギリスEU離脱の国民投票では、私たちが無意識のうちに提供している多くの個人情報が選挙キャンペーンや世論形成に利用された。

嘘を混ぜたプロパガンダや個人の不安に直接訴える「マイクロ宣伝」といった、巧妙なサイバー戦略は、近い将来行われるであろう日本の国民投票でも使われるのは間違いない。

これらによって醸成されたポピュリズムに私たちはどう抗うのか。

欧米での徹底的な取材からデジタル時代の民主主義を考える。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました