2025年、人は「買い物」をしなくなる  著:望月智之

社会学
スポンサーリンク
スポンサーリンク





[内容紹介]


ショッピング体験の発展で、人々は「買い物」をしなくなる。

もちろん、お金を支払って何かを買うことがなくなるわけではない。

なくなるのは、これまでの買い物におけるさまざまなプロセスだ。

店に行くことや、現金を用意すること、商品の現物を見ること、さらには商品を自分で選ぶことも含まれる。

その過程で私たちを待っているのが、本書で詳しく述べる「デジタルシェルフ」である。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました