「コロナ以後」中国は世界最終戦争を仕掛けて自滅する  著:宮崎正弘

社会学





[内容紹介]


自らが拡散させた「武漢ウイルス」を利用し、世界への影響力拡大を狙う中国。

独裁国家と自由主義陣営の熾烈な最終戦争の行方を読み解く!

欧米での感染パニックに対して、いつの間にか中国は自らを「世界の救世主」と自賛し、覇権戦争に勝利するためのさまざまな謀略を画策している。

中国に飲み込まれるのか、中国排除か。

「コロナ以後」の世界秩序の変化と日本に迫る危機を解説する。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました