[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

やさしくない国ニッポンの政治経済学  著:田中世紀

社会・政治
[本ページはプロモーションが含まれています]








[内容紹介]

「政府は貧しい人々の面倒を見るべきか?」

これは、世界47ヵ国を対象にして、アメリカのピュー・リサーチ・センター(Pew Research Center)が2007年に行った調査に含まれる質問の一つです。

この質問に「面倒を見るべき」と答えた人の割合が最も高かったのはスペインで、実に96%にのぼりました。

では、その割合が最も低い59%だったのは、どの国でしょう?

それが、日本にほかなりません。

つまり、約4割の日本人は、貧しい人や困っている人を自分で助けないばかりか、公の力で助けることにも同意していないのです。


▼ 詳細はこちらから ▼