オバマへの手紙 ヒロシマ訪問秘録  著:三山秀昭

社会・政治






[内容紹介]


2016年5月27日
オバマ米大統領が、現職の米大統領として
初めて広島を訪問した。

米国内ではずっと
「原爆の謝罪につながる」として避けられてきた
ヒロシマ訪問がなぜ可能になったのか。

筆者は読売新聞のワシントン特派員として
3年間アメリカに駐在したが
そのとき、アメリカ人が知っている日本の都市が
東京の次が広島であることに驚き
以来、ずっと広島と原爆に興味を抱いてきた。

そして2011年、広島テレビの社長に就任したとき
ひとつの可能性に賭けてみようと思った。

2016年のサミットは日本で開かれる。

この年はオバマの最後の年でもある。

そのとき、広島を訪問する可能性は、ある。

筆者は地元メディア社長として
その人脈をフル稼働し、ヒロシマ訪問を動かしはじめた。

広島市民の声をホワイトハウスに届けた
「オバマへの手紙」をはじめ
日米両国でのロビー活動にいそしむなど
慎重に準備は進められた。

そして、記憶に新しいオバマ訪問の舞台裏を
ダイナミックに描いたインサイドストーリー。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました