絶望死のアメリカ 資本主義がめざすべきもの  著:アン・ケース / アンガス・ディートン

社会・政治
スポンサーリンク
スポンサーリンク






3.5

[内容紹介]

調査の過程で、中年の白人アメリカ人の自殺率が急速に増えていることがわかった。

驚いたことに、中年の白人の間で増えていたのは自殺率だけではなかった。

すべての死因による死亡率が増えていたのだ。

もっとも増加率の高い死因は三つに絞られた。

自殺、薬物の過剰摂取、そしてアルコール性肝疾患だ。

私たちは、これらを「絶望死」と呼ぶことにした。

絶望死が増えているのは、ほとんどが大学の学位を持たない人々の間でだった…


▼ ご購入はこちらから ▼

0
 
タイトルとURLをコピーしました