中東から世界が崩れる イランの復活、サウジアラビアの変貌  著:高橋和夫

社会・政治
スポンサーリンク
スポンサーリンク









[内容紹介]


イランとサウジの国交断絶はまだ予兆に過ぎない

かつて「悪の枢軸」と名指しされるも
急速にアメリカとの距離を縮めるイラン。

それに強い焦りを覚え
新しいリーダーの下で強権的にふるまうサウジアラビア。

両国はなぜ国交を断絶したのか?
新たな戦争は起きるのか?
ISやシリア内戦への影響は?

情勢に通じる第一人者が
国際政治を揺るがす震源地の深層を鮮やかに読みとく!



▼ 詳細はこちらから ▼

 
タイトルとURLをコピーしました