医療再生 日本とアメリカの現場から  著:大木隆生

医学・薬学






[内容紹介]


医師不足や医療不信が同時多発的に拡大し
社会問題化した「医療崩壊」は
その後どのような道を辿ったのか。

本書では、繰り返される医療事故をはじめ
「医療崩壊」後の日本医療が今なお抱える問題を
独自の職業観や医局運営術も交えながら検討し
米国での無給研究員時代より続く著者自身の実践から捉え直す。

新医療事故調査制度や新専門医制度などの相次ぐ制度改革や
アメリカ型医療の流入といった目まぐるしい変化について
日米両国の現場で外科医療に携わった体験を交えて考察した一冊。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました