医師が教える新型コロナワクチンの正体  著:内海聡

医学・薬学
スポンサーリンク
スポンサーリンク








[内容紹介]

本書は、新型コロナウイルスの感染状況や新型コロナワクチンの仕組みについて、日本に大手メディアでは報道されない事実や科学的データを読者の皆さんにお届けしています。

・マスコミ報道される世界のコロナ死亡者数は果たして本当なのか?
・インフルエンザや風邪と比べて果たしてそれほどリスクが高いウイルスなのか?
・マスクは本当に効果があるのか?
・緊急事態宣言による自粛は本当に感染防止の役に立っているのか?
・PCR検査は受けたほうがいいのか?
・新型コロナワクチンは報道の通り、本当に安全なのか?
・副反応が出たら補償金が出るというが本当か?

など、多くの疑問について、データや科学的事実に基づいてわかりやすく解説しています。

結論からいえば、新型コロナウイルスは危険なウイルスではなく、自粛もマスクも効果がなく、世界の死亡者数も正確ではありません。

また新型コロナワクチンは非常に危険なワクチンであり、決して打たない方がよい薬ですが、本書にはそれらの根拠が示されています。

また、ケネディ元大統領の甥であるロバート・ケネディ・JR氏と内海聡医師との特別対談収録。

アメリカ政府にも知己の多いケネディJR氏がメディアが報じないアメリカにおけるコロナ騒動の真実を伝えています。

アメリカの製薬会社による日本への圧力についても触れており、新型コロナ騒動及び新型コロナワクチンの真実が知りたい方には必読の1冊です。


▼ 詳細はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました