もうひとつの浅草キッド  著:ビートきよし

エッセイ






[内容紹介]


「おはよう」そう声をかけると
ちょっと神経質そうな顔をしたそいつは
こちらを振り返るでもなく
目線だけを軽くこちらに向けて、ちらっと頭を下げた。

それが相方たけしとの出会いだった。

ビートたけしの傑作自伝小説
『浅草キッド』では分からなかった“きよし版”ツービート伝。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました