[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

40歳になって考えた父親が40歳だった時のこと  著:吉田貴司

エッセイ
[本ページはプロモーションが含まれています]






[内容紹介]

吉田貴司が贈る初のエッセイ漫画。

時は90年代バブル崩壊前夜の大阪。

一匹狼系タクシー運転手の父(酒乱)と陽気な母(浪費家)が織りなす暴力と涙と笑いの家族喜劇。

「父親」についてと「父親になること」について。

けっこうヒドいのに何故か笑える昭和の父子物語。


▼ 詳細はこちらから ▼