トリオリズム  著:叶恭子

エッセイ
スポンサーリンク
スポンサーリンク






3.0

[内容紹介]

フランス語で「3P」を意味する「トリオリズム」

その衝撃的なタイトルに象徴される「愛と性」に関するエピソード。

発刊と同時に話題となり女性を中心に共感と羨望を呼んだベストセラー単行本の文庫化。

「男はペルシャ絨毯のようです」

「富とラブの快感は似ています」

「ペニスには気持ちがある」

「ヴァギナはコントロールできる」などなど。

「愛と性とお金」にまつわる数々の名言を生んだタブーなき「ラブ&セックス」読本。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
 
タイトルとURLをコピーしました