適当日記  著:高田純次

エッセイ
スポンサーリンク
スポンサーリンク






3.5

[内容紹介]

発言の「適当さ」「無責任さ」が魅力となり、一般視聴者はもちろん、各界の著名人にもファンの多い高田純次。

本書は、還暦を迎えた2007年1月21日から“無理やり書かされ始めた”彼の日々の生活がすべてわかる日記。

「スタッドレスタイヤを外すかどうかで1週間」

「椎名林檎からのメールにうわつきまくる」

「日記にどこまで書いていいか、出版社を試すために下ネタを書く」

「トンチンカンな子しか来ない合コンでため息をつく」

世界一日記が似合わない男の、テレビで見るよりさらに適当な日常が、今ここで明らかになる!


▼ ご購入はこちらから ▼

0
 
タイトルとURLをコピーしました