「みにくいあひるの子」だった私  著:梅宮アンナ

エッセイ






[内容紹介]


落ちこぼれ、学校拒否、家庭崩壊、睡眠薬依存。

華やかなイメージとは裏腹に
コンプレックスに苛まれた子供時代、理不尽ないじめ、親とのあつれき。

彼との出会い、恋と破局
そして辿りついた本当の意味での自立。



「だれにだって告白したい心のキズはある」

雑誌、テレビ番組など活躍中の
梅宮アンナが綴るベストセラー・エッセイ。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました