告発 児童相談所が子供を殺す  著:山脇由貴子

社会・政治






[内容紹介]


“最後のセーフティーネット”児童相談所は
なぜ虐待を見過ごしてしまうのか?

虐待された子どもの
「最後のとりで」となるのが児童相談所です。

必要とあらば親と引き離したり、一時保護所で預かったり
訪問やカウンセリングをして安全を確保する役所・・・のはずなのに
「児童相談所に何度も通報していたのに虐待死してしまった」
という例が後を絶ちません。

人手不足、専門家の不足といった
ハード面の限界は各メディアでも言われていますが
それは本質的な問題ではありません。



本書で取り上げる問題の一例は

心理的虐待
ネグレクトの相談終了の判断基準は「死ぬことはないから」

虐待は手間と時間がかり責任を負いたくないので
学校、保育園などに押し付ける

役所の中で児相は超不人気部署。
お役所体質の問題が凝縮。



なぜ虐待が起きるのか、見過ごされるのか、どうしたらいいのか?

著者は19年にわたり心理司として児相に勤め
2000人以上の家族と接してきたプロフェッショナル。

15万部のベストセラー
『教室の悪魔』を記したカウンセラーが
子どもたちの悲痛なか細い声を交えながら
満を持して問題のすべてを論じます。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました