安倍政権にひれ伏す日本のメディア  著:マーティン・ファクラー

社会・政治






[内容紹介]


2012年末に第二次安倍政権が誕生してから
大きく変わったことが権力とメディアの関係だ。

朝日新聞に代表される
政権に批判的な大手メディアはなぜ軒並み”大人しく”なったのか。

その背景には安倍政権の巧みなメディアコントロールと
ネットによる大転換期に対応できず組織防衛に走る
既存メディアの腰砕けぶりがあった――。

前ニューヨーク・タイムズ
東京支局長の著者が明らかにする
「世界から見たアベ・ジャパン」の真実。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました