竹中平蔵 市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像  著:佐々木実

社会・政治





[内容紹介]

日本でもっとも危険な男の物語。

この国を“超格差社会”に変えてしまった中心人物はこの男だった!

「改革」の名のもと、法律を駆使しながら、社会を次々と大胆に改造してしまう。

まるで政商のように利にさとく、革新官僚のごとく政治家を操る経済学者。

「フェイク(偽物)の時代」に先駆けた“革命家”の等身大の姿とは。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました