渡部昇一、靖国を語る 日本が日本であるためのカギ  著:渡部昇一

社会・政治






[内容紹介]


平成25年12月26日の安倍晋三首相の靖国参拝は
第二次安倍政権発足から1年の節目に当たる日だった。

第一次政権時に参拝できなかったことを
「痛恨の極み」と表明していた安倍首相は
雌伏ののち政権に復帰し
参拝を望んでいた遺族や国民との約束を果たした。

中韓の反発は予想どおりだったが
それでも首相が参拝に踏み切ったのは
「中韓に譲歩したところで、関係改善に結びつかず」という
これまでの経験を踏まえた判断があったからだとされるが
その判断は正しかった。

またアメリカが中韓への配慮から「失望」を表明したが
日米関係に亀裂を走らせるには至っていない。

戦後教育下に育った日本人の多くが
特定アジア2カ国(中韓)から靖国神社について
非難されると狼狽してきたのは嘆かわしいかぎりだが
その呪縛から解放されるときがきた。

靖国神社は日本が「独立国」としてあり続けるための
精神的支柱であることを説く「靖国論」の決定版!



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました