子供たちに伝えたい日本の戦争 あのときなぜ戦ったのか  著:皿木喜久

歴史・地理
スポンサーリンク
スポンサーリンク









[内容紹介]


戦争

日清・日露から、日中戦争、米英との戦いについて
なぜ日本は戦争に突き進んだのか
いかなる目的と、蹉跌があったのか
相手国にいかなる事情があったのか
それらをわかりやすく、簡潔に記しています。

現在も中国や韓国によって問題視されている歴史認識について
あらためて考え、問題点を整理するためにも格好の本です。

例えば、米国との戦争については
日本に確かに外交上の失敗がありました。

しかし、それだけではありません。

ヨーロッパを蹂躙するドイツを叩きたいと考えていた米国が
日本に戦争を仕掛けさせることによって大戦に参加したことなど
複雑な背景を的確に指摘しています。

また、日本が連合軍と戦ったことによって
植民地だったアジア諸国に独立の機運が高まり
戦後の解放・独立につながったことも確かな事実です。

いわゆる“自虐史観”から離れて
「日本の戦争」を真摯に、公平に見ることが何よりも大切です。

本書はその一助になる教科書です。



▼ 詳細はこちらから ▼

 
タイトルとURLをコピーしました