日本の地霊  著:鈴木博之

歴史・地理
スポンサーリンク
スポンサーリンク






3.5

[内容紹介]

「人間の歴史は、土地の上に刻まれた営みの蓄積なのだ。」

近現代史を場所という視点から探るためのキーワード「地霊(ゲニウス・ロキ)」

土地、建築、街並みが語る声に耳を傾けるとき、失われた記憶や物語が浮かび上がる。

国会議事堂にひそむ鎮魂のデザイン、広島平和記念公園と厳島神社の意外な共通点、渋沢栄一や岩崎彌太郎がゆかりの地に寄せた想い。

優れた建築を守り伝える時代への転換をうながした建築史家の代表作。


▼ ご購入はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました