[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

サークル有害論 なぜ小集団は毒されるのか  著:荒木優太

社会学
[本ページはプロモーションが含まれています]






[内容紹介]

読書会、勉強会、NPO、趣味の集い、あなたのコミュニティは大丈夫?

一人ひとりは心優しい人間だとしても、全てのメンバーが互いをよく知っている小規模で親密な集いには、親密でよく通じ合っているが故に発生してしまう「毒」がある。

その集いは人々の間のミクロな違い、その隙間に巣くうコミュニケーションによって「有害な小集団」と化し、わたしたちを日々毒す。

本書はロシアに由来する小集団「サークル」を、小林多喜二からサークルクラッシャーまであらゆる切り口で再考し、開かれのなかの閉ざされ、閉ざされのなかの開かれという逆説を原理的に問いながら、集団性の解毒法を提示する。


▼ 詳細はこちらから ▼