BAD BLOOD シリコンバレー最大の捏造スキャンダル 全真相  著:ジョン・キャリールー

ノンフィクション
スポンサーリンク
スポンサーリンク






3.5

[内容紹介]

「エンロン」以降、最大の企業不正が行われた血液検査ベンチャー「セラノス」事件。

ジョージ・シュルツ、ヘンリー・キッシンジャーなど百戦錬磨の大物たちはなぜ若きCEO、エリザベス・ホームズに騙されたのか!?

「指先からとる1滴の血液で、あらゆる病気を調べることができる!」

革新的な血液検査の技術を発明したとして、アメリカのメディアから『第二のスティーブ・ジョブズ』ともてはやされたエリザベス・ホームズ。

だが、彼女が率いたバイオベンチャー「セラノス」の内幕は、過剰な野心、傲慢さ、虚言、パワハラが渦巻いていた。

現代社会の様々な側面が凝縮したシリコンバレー発巨大詐欺事件の全容を、敏腕記者が地道な取材で証言を積み重ねながら、暴いていく。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
 
タイトルとURLをコピーしました