誕生日を知らない女の子 虐待――その後の子どもたち  著:黒川祥子

ノンフィクション






[内容紹介]


心の傷と闘う子どもたちの現実と
再生への希望。

“お化けの声”が聞こえてくる美由。

「カーテンのお部屋」に何時間も引きこもる雅人。

家族を知らず、周囲はすべて敵だった拓海。

どんなに傷ついても
実母のもとに帰りたいと願う明日香。

「子どもを殺してしまうかもしれない」と
虐待の連鎖に苦しむ沙織。



そして、彼らに寄り添い
再生へと導く医師や里親たち。

家族とは何か? 生きるとは何か?

人間の可能性を見つめた感動の記録。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました