ドキュメント 感染症利権 医療を蝕む闇の構造  著:山岡淳一郎

ノンフィクション





[内容紹介]


救命か、金儲けか。

新型コロナ感染爆発に際して露わになった、危機下における医療と政治のせめぎ合い。

政官財学の構造的絡まりによる邪悪な「利権の闇」「見えない壁」が立ち現れ、救命のための公平な医療を阻む。

明治・大正期の公衆衛生の草創期、「七三一部隊」にみる医学の暴走と悪用、戦後医療界に残った細菌戦人脈、官僚主義と隔離政策の誤謬、グローバル化する薬の特許とバイオテロ……。

近現代日本とともにあった感染症のウラで蠢く黒い構造を、白日の下に暴く。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました