相模原事件・裁判傍聴記 「役に立ちたい」と「障害者ヘイト」のあいだ  著:雨宮処凛

ノンフィクション





[内容紹介]


「社会の役に立ちたいと思いました」

2016年7月、19人の障害者を殺した植松聖。

全16回の公判の果てに2020年3月、死刑が確定。

彼の目から見えていたこの「世界」とは?



残酷な「本音」が「建前」を打ち破り、「命は大切だ」というような「正論」を口にする者が「現実を何もわかっていない」と嘲笑される光景があちこちにある。

そんなこの国に溢れる「生産性」「迷惑」「1人で死ね」という言葉。

彼の悪意はどのように熟成されていったのだろう。

「死刑になりたかった」のではない。

「誰でもよかった」のでもない。

彼は衆院議長への手紙で「日本国と世界平和のために」とまで書いている。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました