[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

最後の海賊 楽天・三木谷浩史はなぜ嫌われるのか  著:大西康之

ビジネス・経済
[本ページはプロモーションが含まれています]






[内容紹介]

楽天・三木谷浩史は「価格破壊」を旗印に、3メガが占有する携帯事業に斬り込んだが大苦戦。

メディアは「経営難」と書き立て、世間の目は厳しい。

一方で、楽天モバイルの「完全仮想化技術」は2年連続で「グローバル・モバイル賞」を受賞し、新卒採用では東大生の就職先の3年連続第1位だ。

日本のレガシィメディアと、海外の目と若者たち。

一体、どちらの評価が正しいのか?


▼ 詳細はこちらから ▼