死体格差 解剖台の上の「声なき声」より  著:西尾元

ノンフィクション






[内容紹介]


死体にも「格差」がある。

解剖台の上の遺体には、その人が生前、どのように生きてきたか、その痕跡が数多く残されている。

老い、孤独、貧困、病・・・

一つ歯車が狂えば、誰もが”悲しい死”を迎える可能性がある現実を現役の法医学解剖医が明かす。







0