[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

中国の情報侵略  著:ジョシュア・カーランツィック 翻訳:前田俊一

社会・政治
[本ページはプロモーションが含まれています]






[内容紹介]

本書は、中国がこれまで試行錯誤を重ねながらも、辛抱強く世界で実行してきたメディアを対象とした影響力工作について、詳細に調査、分析した解説書であると同時に、原著者は最終章において、中国とどう向きあっていくべきかについて、多くの提言をしている。

日本も中国による影響力工作の対象の例外ではない。

本書は、日本の安全保障に対する警鐘の書であり、時宜を得た書と言える。

日本人の読者は、中国の影響力工作の実態、現実を知って驚くとともに、日本の安全保障につき再考を迫る契機となる書籍であろう。


▼ 詳細はこちらから ▼