国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動  著:伊藤祐靖

社会・政治






[内容紹介]


もっとも死ぬ確率が高い
特殊部隊の創設者が語る究極の組織論。

新安保法制が施行され
「自衛隊員の戦死」が現実味をおびてきた。

しかし、今の日本という国家に
「死ね」と命じる資格はあるのだろうか。

国のために死ねる人間を作るにはどうしたらいいのか――。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました