悪と全体主義 ハンナ・アーレントから考える  著:仲正昌樹

社会・政治





[内容紹介]


「安心したい」

その欲望がワナになる。

世界を席巻する排外主義的思潮や強権的政治手法といかに向き合うべきか?

ナチスによるユダヤ人大量虐殺の問題に取り組んだハンナ・アーレントの著作がヒントになる。

トランプ政権下でベストセラーになった『全体主義の起原

アーレント批判を巻き起こした問題の書『エルサレムのアイヒマン』を読み、疑似宗教的世界観に呑み込まれない思考法を解き明かす。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました