時間の不思議:タイムマシンからホーキングまで ムムッ、虚時間?  著:都筑卓司

科学






[内容紹介]


相対論の第一人者キップ・ソーンによると
宇宙の虫食い穴を使えば
未来へ行くことができるかも知れない、という。

本当だろうか?

また“車椅子の天才”スティーブン・ホーキングの理論では
宇宙の初めは“虚時間”だったという。

虚時間って、何なのだ?

いったい、なぜ、そんな時間を考えるのか?

本書は、時間をめぐる七つのナゾをとりあげ
平易明解な説明を与える。

物理ファン待望の書。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました