困った性格の人とのつき合いかた  著:小羽俊士

心理学






[内容紹介]


理不尽なほどのストレスを感じさせられてしまう「困った性格の人」

私たちはどんな相手を「困った性格の人」と思ってしまうのでしょうか?

どんな人との関わりでも、多少の摩擦や利害の対立はあるでしょうし
そのためにいくらかのストレスを感じることは避けがたいでしょう。

しかし「困った性格の人」を相手にする時
私たちはそうした普通の「避けがたい」「しかたのない」レベルをはるかに超えた
〈理不尽なほどのストレス〉を感じさせられてしまうのです。

「彼ら・彼女ら」と関わっていると、私たちは通常以上に傷つき、苛立ち、怒りを生じ
こうした自分自身のネガティブな感情に疲弊してしまいます。

「彼ら・彼女ら」は、対人関係における境界線を平気で踏み越え
〈マイ常識〉〈マイルール〉を押しつけて他者を支配しようとしてきたり
自分の感情をコントロールするためにネガティブな感情を他者に押しつける形で「
他者の心を使ってしまう」ということが目立って多いのです。

本書では特に

「境界性パーソナリティ障害」
「自己愛性パーソナリティ障害」
「ヒステリー性格」

を取りあげ、その性格病理を正しく理解することからはじめ
どうすれば「困った性格の人」との関係を不愉快なものにしないでいられるかを解説します。

数多くの臨床例を診療してきた経験豊富な精神科医による具体的な方法は
簡単に離れられない「困った性格の人」との人間関係に悩むあなたを助ける有効な方法となるでしょう。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました