第三次世界大戦  著:大石英司

小説






[内容紹介]


ロサンゼルスで、ある事件が白昼に起こる。

祖国で巨額の横領を働いた男に
中国特殊部隊“ドラゴン・スカル”が接触したのだ。

彼らは米国へ逃げた人物の奪還を任務としていたが
この時に出た予想外の犠牲者が
ホワイトハウスに激震を与える。

IT長者で大統領の最大支援者の妻子が
巻き添えになってしまったからだ。

謝罪を求める米国に対し
中国も

「人民の金を不正に使い込んだ男を、米国は情報提供と引き替えにずっと匿っていた」

と不快感を示す。

そしてこの小さな事件が
後に日本を、世界をも巻き込む大戦のはじまりとなっていった。

「第三次世界大戦」シリーズ、堂々スタート!



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました