きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で)  著:宮藤官九郎

小説
スポンサーリンク
スポンサーリンク









[内容紹介]


冬の白鳥だけが名物の東北の町で、筋金入りのバンカラ高に通う「僕」

先輩からイビられる非モテの日々―地元のローカル番組で
「おもしろ素人さん」を募集しているのを見つけた僕は
親友たちの名前を勝手に書いて応募するのだが・・・

疾走感溢れる“地元系”青春エンタメ。



▼ 詳細はこちらから ▼

 
タイトルとURLをコピーしました