金栗四三 消えたオリンピック走者  著:佐山和夫

ノンフィクション






[内容紹介]


2019 年大河ドラマ「いだてん」で
中村勘九郎さんが演じることで注目を集める金栗四三。

日本人が出場した初めての国際大会
「ストックホルム・オリンピック」(1912年)に
日本代表としてマラソンに出場した金栗四三は
レースの途中で姿を消してしまい
「消えたオリンピック走者」として語り継がれることになる。

それから55年後
ストックホルム・オリンピック開催を記念する式典に招待された金栗は
競技場をゆっくりと走って、場内に用意されたゴールテープを切る。

この時

「日本の金栗、ただいまゴールイン。タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3
これをもって第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了します」

とアナウンスされる。

この記録はオリンピック史上最も遅いマラソン記録となるのだった。

「箱根駅伝」や日本初のフルマラソン「福岡国際マラソン」の
創設にも尽力した金栗だったが
そこには、西欧に遅れをとる日本の選手を
世界のトップレベルで戦えるようにしたいとの強い想いがあった。

日本のマラソン王と称される金栗四三。

「消えたオリンピック走者」の真相から
「箱根駅伝」創設、そして日本スポーツ界発展にささげたその生涯に迫る本格評伝。

待望の文庫化!



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました