ヒルビリー・エレジー ~アメリカの繁栄から取り残された白人たち~  著:J・D・ヴァンス

ノンフィクション






[内容紹介]


無名の31歳の弁護士が書いた回想録が
2016年6月以降、アメリカで売れ続けている。

著者は
「ラストベルト」(錆ついた工業地帯)と呼ばれる
オハイオ州の出身。

貧しい白人労働者の家に生まれ育った。

回想録は、かつて鉄鋼業などで栄えた地域の荒廃
自分の家族も含めた貧しい白人労働者階級の独特の文化
悲惨な日常を描いている。

ただ、著者自身は、様々な幸運が重なり
また、本人の努力の甲斐もあり
海兵隊→オハイオ州立大学→イェール大学ロースクールへと進み
アメリカのエリートとなった。

今や
ほんのわずかな可能性しかないアメリカンドリームの体現者だ。

そんな彼の目から見た
白人労働者階級の現状と問題点とは?

勉学に励むこと、大学に進むこと自体を忌避する
独特の文化とは?


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました