レベル4 / 致死性ウイルス  著:ジョーゼフ・B・マコーミック

ノンフィクション
スポンサーリンク
スポンサーリンク






4.5

[内容紹介]


致死率が高く有効な治療法のない、最も危険な「レベル4ウイルス」が猛威をふるった感染症対策黎明期のアフリカ。

電気や水道の未整備、感染者の排斥、呪術まがいの民間療法、政情不安……

様々な障害に直面しながらもエボラ出血熱やラッサ熱の感染源とその経路を突き止め多くの命を救った30年間を、米CDC(疾病予防管理センター)特殊病原体部を率いた医師と妻が自ら綴る。

コロナ禍に寄せた序文を収録。


▼ ご購入はこちらから ▼

 
タイトルとURLをコピーしました