正義の行方 ニューヨーク連邦検事が見た罪と罰  著:プリート・バララ

ノンフィクション
スポンサーリンク
スポンサーリンク





[内容紹介]


格差と分断が広がる社会のリアルな人間模様を通し、「正義とはなにか」「正義の執行とはどうあるべきか」を読者に真摯に問いかけ、ともに考える。

オバマに任命され、トランプと闘い罷免されたNY連邦検事が在職期間7年半の法廷秘話を明かす現代の「罪と罰」


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました