患者は知らない 医者の真実  著:野田一成

暮らし・健康・子育て






[内容紹介]


患者の悩みは
最適の治療に巡りあいたいということだ。

そこには、医者の言葉にすがりたい気持ちと
「ちゃんと診てくれるのだろうか?」
という疑心暗鬼がいつもつきまとう。

一方、医者の側にも悩みがある。

患者に寄り添いたいが時間がない
説明を理解してもらえない——。

「良くなりたいなら医師の言うとおりにしなさい!」
といったパターナリズムも
「信用できない、セカンドオピニオンだ!」
という行動も
どちらも医者・患者の双方を不幸にするばかりだ。

NHKの記者から医者に転身した著者が
ジャーナリストと医者の両方の目から見た
医療の厳しい現実を紹介し
医者とい患者のより良い関係について考える。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました