どうせ死んでしまうのに、なぜいま死んではいけないのか?  著:中島義道

エッセイ
スポンサーリンク
スポンサーリンク






4.0

[内容紹介]

所詮人生は、理不尽で虚しい。

いかなる人生を営もうと、その後には「死」が待っている。

「どうせ死んでしまう」という絶対的な虚無を前にしながら、なぜ私たちは自ら死んではならないのか?

生きることの虚しさを徹底的に見つめ、それをバネにたくましく豊かに生きる道を指南する、刮目の人生論。

無気力感に苛まれる時、自分に絶望し苦悩する時の必携本。


▼ ご購入はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました