晴れの日に、傘を売る。  著:林 秀信

ビジネス・経済






[内容紹介]


かつて高級品だった傘は
いまや「500円」がスタンダード。

革命を起こした“ウォーターフロント”を生んだのは
自由が丘の小さな傘メーカー。

浪漫を追い求める社長の頭の中は
寝ても醒めても傘のこと。

夢は「折り畳まない折り畳み傘」

浮利を追わず、あくせく生きて
いつか「人類を傘から解放する」



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました