人種差別から読み解く大東亜戦争  著:岩田温

歴史・地理






[内容紹介]


近年、先の大戦をテーマにした書籍が多数発売されている。

「なぜ、日本人は戦争を選んだのか?」
そして
「日米開戦当時、なぜ多くの日本人が開戦を支持したのか?」を論じる書籍もあるが
その理由は複合的で、1つのものを取り上げてこれだと断じることは難しい。

本書では、「人種差別」の観点に着目し、この疑問に迫っていく。

1919年パリ講和会議で日本が提出した「人種差別撤廃案」はアメリカやイギリスの反対で否決されている。

また、カリフォルニアでは激しい日本人排斥運動があった。

更に時代を遡れば、戦国時代に日本人がポルトガル人に奴隷として売り買いされていたことにも行き当たる。

戦争をただ肯定するのではなく、隠されていた真実に光を当てる1冊!







0