ドナー法 ある臓器移植コーディネーターの記録  著:いなずまたかし

青年コミック
スポンサーリンク
スポンサーリンク






3.5

[内容紹介]

「臓器は鮮度が命。」

医療AI・通称“プロフェッサー”の発明により医療技術が飛躍的に発達した近代日本では、大規模な医療改革が行われ、新・臓器移植法=通称“ドナー法”の名のもと、全国民に死亡時臓器提供の義務が課せられた。

それから15年。

医療保険省に勤務する隻眼の臓器移植コーディネーター・立浪は、1人の死が7人の生を紡ぐ世界で今日も“臓器”をめぐるさまざまなドラマに立ち会い…


▼ ご購入はこちらから ▼

0
 
タイトルとURLをコピーしました