僕たちのゲーム史  著:さやわか

趣味・実用
スポンサーリンク
スポンサーリンク






3.0

[内容紹介]

本書は、ゲームと共に生きてきた「僕たち」のための本です。

僕たちの暮らしの中にゲームが登場して、30年ほどの時が流れました。

本書ではその歩みを辿ってゆきますが、ソフトの売り上げ、あるいはハード戦争といった事柄に重心を置いた記述はしていません。

なぜなら、日本のゲームは、「ボタンを押すと反応する」という基本を巧みにアレンジしつつ、一方で「物語」との向き合い方を試行錯誤してきた歴史を持っているからです。

このような視点でゲーム史を編むことで

「スーパーマリオのようなゲームはもう生まれないのか?」

「最近のゲームはつまらなくなったのでは?」

といったあなたの疑問にもお答えできるようになりました。

さあ、ゲーム史をめぐる冒険の旅に出ましょう!


▼ ご購入はこちらから ▼

0
 
タイトルとURLをコピーしました