[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

中流危機  著:NHKスペシャル取材班

社会・政治
[本ページはプロモーションが含まれています]







[内容紹介]

かつて「一億総中流社会」と言われた日本。

戦後、日本の経済成長を支えたのは、企業で猛烈に働き、消費意欲も旺盛な中間層の人たちだった。

しかし、バブル崩壊から30年が経ったいま、その形は大きく崩れている。

2022年7月内閣府が発表したデータでは、1994年に日本の所得中間層の505万円だった中央値が2019年には374万円と、25年間で実に約130万円も減少した。

もはや日本はかつてのような「豊かな国」ではなく先進国の平均以下の国になってしまった。

なぜ日本の中流階層は急激に貧しくなってしまったのか。

「中流危機」ともいえる閉塞環境を打ち破るために、国、企業、労働者は何ができるのか。

その処方箋を探った。


▼ 詳細はこちらから ▼