疫病 2020  著:門田隆将

ノンフィクション
スポンサーリンク
スポンサーリンク








[内容紹介]


この“怪物”がすべてを暴いた――。

本書は「この星を支配し続ける人類を脅かす最大の敵はウイルスである」というノーベル生理学・医学賞受賞者ジョシュア・レダーバーグの言葉から始まる。

読み進むにつれ、読者の胸にその意味が迫ってくるだろう。

武漢でいち早く“謎の肺炎”をキャッチした二人の医師の運命、翻弄される武漢市民、動き出す共産党の規律検査委員会、そして警察の公安部門。

彼らはなぜ肺炎の発生を隠そうとしたのか。

筆者は現地の状況をつぶさに分析しながら、その秘密を暴いていく。

武漢に派遣された現役の中国人医師が明かす医療最前線は驚愕の連続だった。

暗中模索の中、信じられない方法で医師たちは謎の病と戦った。

中国人を救った「5種類の薬品」とは何か。

なぜ中国はこの病を克服できたのか。

すべてが筆者のペンによって明らかにされていく。


一方、後手、後手にまわる日本と、いち早く的確な対策で国民の命を救った台湾。

両者の根本姿勢の違いは、時間が経過するにつれ、信じがたい「差」となって現われてくる。

官邸・厚労省はなぜ国民の期待を裏切ったのか。

筆者は、政府の足枷となった2つの“障害物”の正体に淡々と迫る。


▼ 詳細はこちらから ▼

 
タイトルとURLをコピーしました