嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん  著:入間人間 / 左

ライトノベル
スポンサーリンク
スポンサーリンク








[内容紹介]

御園マユ。

僕のクラスメイトで、聡明で、とても美人さんで、すごく大切なひと。

彼女は今、僕の隣にちょこんと座り、無邪気に笑っている。

リビングで、マユと一緒に見ているテレビでは、平穏な我が街で起こった誘拐事件の概要が流れていた。

誘拐は、ある意味殺人より性悪な犯罪だ。

殺人は本人が死んで終了だけど、誘拐は、解放されてから続いてしまう。

ズレた人生を、続けなければいけない。

修正不可能なのに。

理解出来なくなった、人の普通ってやつに隷属しながら。

あ、そういえば。

時間があれば、今度質問してみよう。

まーちゃん、キミは何で、あの子達を誘拐したんですか、って。

第13回 電撃小説大賞の最終選考会で物議を醸した問題作が登場!


▼ 詳細はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました